HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4552件 3376~3380件目を表示

2014年12月17日米のFOMC結果を前に海外貴金属相場は続落↓国内相場も総じて軟調に推移。

【金相場】16日のNY金相場は続落。中心限月の2月限は1トロイオンス1194.30ドル(-13.40ドル)と、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を17日に控えて、利益を確定する目的の売りから5営業日続落して取引きを終了。早朝の時間外取引中は堅調に推移し、一時1223.90ドルまで上伸した。しかし、その後は翌日(17日)のFOMC声明発表を前に早期利上げに対する警戒も強まり、引けにかけて下落基調に転じそのままマイナス圏でこの日の取引きを終えた。

国内の金相場は弱基調で推移した海外相場や、為替が円高に振れた事を映して続落。買取ベースでは1gあたり4,826円(-19円)と3営業日値を下げ、前日同様に月間では1日相場以来およそ2週間ぶりの安値となりました。

《12月現在の金相場の値動き(買取ベース)》

12/17   4826円 (-19円)

12/16   4845円 (-117円)

12/15   4962円 (-45円)

12/12   5007円 (+39円)

12/11   4968円 (-71円) 

12/10   5039円 (+54円) ※最高値

12/09   4985円 (+18円) 

12/08   4967円 (+16円)

12/05   4951円 (-17円)

12/04   4968円 (+73円)

12/03   4895円 (+3円)

12/02   4892円 (+186円)

12/01   4706円 (-115円) ※最安値

12月現在の金平均価格:4,924円/g





【パラジウム相場】16日のNYパラジウム相場は続落。中心限月の3月限は1トロイオンス784.00ドル(-18.55ドル)と、5営業日続落して取引きを終了。この日のパラジウムは、取引き序盤より売りが先行し弱基調で推移。途中、外為市場でドルが軟調に推移した事から買い戻されたほか、金・プラチナの上昇で一時切り返す場面も見られたが、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を翌日(17日)に控えて、持ち高調整目的の売りに押され相場を圧迫。また、世界最大のパラジウム産出国のロシアが自国通貨ルーブル安を背景に、パラジウムを手放すのではとの警戒感が広がった事も下押し要因となり、結局終値では月初来安値をつけてこの日の取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は海外相場安や、為替要因から続落。買取では1gあたり3,132円(-65円)と月初来安値を更新し、先月21日相場以来およそ3週間ぶりの安値となりました。

《12月現在のパラジウム相場の値動き(買取ベース)》

12/17   3132円 (-65円) ※最安値

12/16   3197円 (-75円)

12/15   3272円 (-38円)

12/12   3310円 (+48円)

12/11   3262円 (-27円)

12/10   3289円 (+11円)

12/09   3278円 (-48円)

12/08   3326円 (+75円) ※最高値

12/05   3251円 (0円)

12/04   3251円 (-11円)

12/03   3262円 (+38円)

12/02   3224円 (0円)

12/01   3224円 (-5円)

12月現在のパラジウム平均価格:3,252円/g



現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。11:30現在の金相場は1トロイオンス1197.95ドル、パラジウムは787.25ドル、為替は1$116円61銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月17日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格34,350円(-350円)、その他の歯科用12%金パラの買取り価格は33,950円(-350円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1,069円(-12円)と、地金が海外相場安や為替要因から揃って値を下げた事を受け、歯科用金パラも3営業日続落し、月初来では安値更新となりました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月17日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,826円(-19円)、パラジウム3,132円(-65円)、銀63.08円(-2.37円)、プラチナ4,840円(-53円)と、国内貴金属は前日の海外相場安や、為替が円高に振れた事から総じて軟調に推移し続落。金は3業日値を下げ、前日同様に月間では1日相場以来およそ2週間ぶりの安値圏へ。パラジウムは月初来安値を更新し、先月21日相場以来およそ3週間ぶりの安値となり、プラチナは1日相場以来およそ2週間ぶりの価格水準に値戻しました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月17日16日 海外貴金属相場

【16日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1194.30ドル(-13.40ドル)

銀:1575.20セント(-81.10セント)

パラジウム:784.00ドル(-18.55ドル)

プラチナ:1196.50ドル(-18.40ドル)

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2014年12月16日為替が円高に振れた事や、海外相場安を映して国内の金・パラジウムは共に続落↓

【金相場】週明け15日のNY金相場は続落。中心限月の2月限は1トロイオンス1207.70ドル(-14.80ドル)と、4営業日続落して取引きを終了。16日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、早期利上げ観測が意識された事から金は相場を圧迫。また、原油相場の下値追いや、外為市場ではユーロに対しドルが上昇した事も下押し材料となり、週明けのこの日は売りが優勢となった。市場ではFOMC声明の内容を見極めたいとの見方から、様子見姿勢が強かった。

国内の金相場は為替が円高に振れた事や、週明けの海外相場安を映して続落。買取ベースでは1gあたり4,845円(‐117円)と大きく値を下げ、1日相場以来およそ2週間ぶりの安値となりました。

《12月現在の金相場の値動き(買取ベース)》

12/16   4845円 (-117円)

12/15   4962円 (-45円)

12/12   5007円 (+39円)

12/11   4968円 (-71円) 

12/10   5039円 (+54円) ※最高値

12/09   4985円 (+18円) 

12/08   4967円 (+16円)

12/05   4951円 (-17円)

12/04   4968円 (+73円)

12/03   4895円 (+3円)

12/02   4892円 (+186円)

12/01   4706円 (-115円) ※最安値

12月現在の金平均価格:4,932円/g






【パラジウム相場】週明け15日のNYパラジウム相場は続落。中心限月の3月限は1トロイオンス802.55ドル(-14.0ドル)と、3営業日続落して取引きを終了。この日は16日-17日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、早期利上げ観測が意識された事から貴金属市場は総じて軟調に推移。パラジウムは取引き序盤より売りが先行。途中、安値拾いの買いや、為替がドル安に振れた事からプラスに浮上する場面もあったが、原油の大幅安を発端にグローバルなリスク回避姿勢が強まった事や、金・プラチナの下値追いを眺め相場を圧迫。また、米株式相場が軟調に推移した事も下押し要因となり、売りが優勢でこの日の取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は為替が円高に振れた事や、前日の海外相場安を映して続落。買取では1gあたり3,197円(-75円)と、2営業日値を下げ月初来安値となりました。

《12月現在のパラジウム相場の値動き(買取ベース)》

12/16   3197円 (-75円) ※最安値

12/15   3272円 (-38円)

12/12   3310円 (+48円)

12/11   3262円 (-27円)

12/10   3289円 (+11円)

12/09   3278円 (-48円)

12/08   3326円 (+75円) ※最高値

12/05   3251円 (0円)

12/04   3251円 (-11円)

12/03   3262円 (+38円)

12/02   3224円 (0円)

12/01   3224円 (-5円)

12月現在のパラジウム平均価格:3,262円/g


現在、地金相場は世界情勢など様々な要因から価格変動が激しくなっており、為替相場との兼ね合いからも日相場の価格が乱高下する事も御座いますので、今後の動向にご注視下さい。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4552件 3376~3380件目を表示