HOME > 相場情報

相場情報

相場情報

毎日の地金や貴金属などの相場動向、世界情勢やマーケット市況などをご紹介。

総数4568件 2291~2295件目を表示

2015年10月19日6営業日ぶりに値を下げた週末のNY市場を映して、国内金相場は2日続落↓

週末16日のNY金相場は、前日におよそ4ヶ月ぶりの高値をつけるなどここ最近の連騰を受けた利益確定売りに押されたほか、週末を前にした持ち高調整から売りが優勢となり反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1183.10ドル(-4.40ドル)と、6営業日ぶりにマイナスに転じて取引きを終了。この日の金相場は、前日におよそ4ヶ月ぶりの高値を上抜くなど、5日続伸していた反動から目先の利益を確定のする動きが活発化し売りが先行した。ただ、その後発表された米の9月鉱工業生産が前月に続きマイナス成長となった事から、外為市場ではドルがユーロに対して軟調に推移。ドル建ての金商品は相対的に買われ相場は一時プラス圏に反転した。しかしその後、10月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を大きく上回る上昇となったことで、相場は再び売りが優勢の展開になった。このほか、株式相場が上昇したことや、週末を前にした持ち高調整売りに相場を圧迫されるも、引き続き米の利上げ時期を巡る先行き不透明感に支えられ、下値は限定的となった。

今週5営業日の金相場は、発表される米の経済指標が冴えない内容となったほか、同国の利上げ観測の後退が意識され堅調に推移。週間では16日を除いて全日プラス圏で推移し、15日には6月19日相場以来およそ4ヶ月ぶりの高値をつけた。週末終値(1183.10ドル)では、前週末終値(9日相場1155.90ドル)に対して、1トロイオンス+27.20ドル(+2.3%)と、2週連続プラスで越週。(2週の上げ幅は+46.50ドルと、率では+4%)また、5営業日の平均相場は1124.80ドルとなり、5日間の値動きは以下の通り。

《NY金相場 週間の値動き(10月12日~10月16日)

10/12   1164.50ドル (+8.60ドル)

10/13   1165.40ドル (+0.90ドル)

10/14   1179.80ドル (+14.40ドル)

10/15   1187.50ドル (+7.70ドル)

10/16   1183.10ドル (-4.40ドル)
※前週末9日相場比:1トロイオンス+27.20ドル(+2.3%)

5営業日の金平均価格:1トロイオンス1176.06ドル





国内の金相場はマイナスに転じた週末のNY市場を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,825円(-15円)と、2営業日続落となりました。

《10月現在の金相場価格推移(買取)》

10/19   4825円 (-15円)

10/16   4840円 (-5円)

10/15   4845円 (+44円) ※最高値

10/14   4801円 (+5円)

10/13   4796円 (+91円)

10/09   4705円 (-16円)

10/08   4721円 (-24円)

10/07   4745円 (+39円)

10/06   4706円 (+11円)

10/05   4695円 (+96円)

10/02   4599円 (-7円) ※最安値

10/01   4606円 (-43円)

本日までの10月金相場平均価格:4,740円/g


11:30現在の金相場は1トロイオンス1176.85ドル、為替は1$119円36銭前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年10月19日軟調に推移した週末の海外相場を映して、国内パラジウムも3営業日ぶりに反落↓

週末16日のNYパラジウム相場は、前日までの上昇に対する利益確定売りに押され反落。中心限月の12月限は1トロイオンス699.40ドル(-5.60ドル)と、3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。この日のパラジウムは、前日まで上伸していた反動から、利益確定売りに相場を圧迫され序盤より軟調に推移。また、外為市場ではドルがユーロに対して上昇したことによる割高感に加え、発表された米の9月鉱工業生産指数も冴えない内容となったことも材料視され売りが優勢となった。しかし、売り一巡後は安値拾いの買い戻しや、米の株価上昇、上げ幅を拡大しているプラチナの値動きを眺めた追随買いから、再び上昇に転じる場面もあったが、週末を前にした持ち高調整から上値を抑えられ、結局この日はマイナス圏で取引きを終えた。

今週5営業日のパラジウムは、値を上げた日が2日(14日、15日)、下げた日が3日(12日、13日、16日)と、週前半は先週末9日におよそ4ヶ月ぶり(6月18日相場来)の高値を付けた反動から利益確定売りが広がり軟調に推移したが、14日、15日には安値拾いの買い戻しから相場は再び上昇。週末となったこの日は再び売りが優勢となり反落した。週末終値(16日相場:699.40ドル)では、前週末9日終値(708.15ドル)に対して1トロイオンス-8.75ドル(-1.2%)と、6週間ぶりにマイナスで越週。(前週までの5週の上げ幅は+131.00ドル(+19.2%)また、5営業日の平均相場は1トロイオンス697.05ドルとなり、5日間の値動きは以下の通り。

《NYパラジウム相場 先週の値動き(10月12日~10月16日)》

10/12   694.65ドル  (-13.50ドル)

10/13   685.35ドル  (-9.30ドル)

10/14   700.85ドル  (+15.50ドル)

10/15   705.00ドル  (+4.15ドル)

10/16   699.40ドル  (-5.60ドル)
※前週9日終値比:1トロイオンス-8.75ドル(-1.2%)

5営業日のパラジウム平均価格:1トロイオンス697.05ドル






国内のパラジウムは、売りが優った週末の海外相場を映して反落。買取では1gあたり2,819円(-32円)と、3営業日ぶりに値を下げ、本日はマイナス圏での値動きとなりました。

《10月現在のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/19   2819円 (-32円)

10/16   2851円 (+11円)

10/15   2840円 (+48円)

10/14   2792円 (-21円)

10/13   2813円 (-60円)

10/09   2873円 (+43円)

10/08   2830円 (-64円)

10/07   2894円 (+81円) ※最高値

10/06   2813円 (-65円)

10/05   2878円 (+119円)

10/02   2759円 (+91円)

10/01   2668円 (-16円) ※最安値

本日までの10月パラジウム相場平均価格:2,819円/g


11:05現在のパラジウム相場は1トロイオンス695.55ドル前後の値動きで推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年10月19日本日の金パラ価格相場

GC キャストウェル M.C.の買取り価格32,750円(-250円)、その他の12%金パラの買取り価格は32,350円(-250円)、開封品の金パラジウム買取り価格が1017円(-8円)と、本日地金の金・銀・パラジウムが揃って値を下げた事から、12%金パラもマイナスに転じて反落。前営業日(16日相場)に付けた、ここ最近の高値(7月14日相場以来およそ3か月ぶり)から一服し、本日は3営業日ぶりに値を下げました。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年10月19日地金流通協会発表-金・銀・パラジウム・プラチナ相場

本日の地金は買取ベースで金4,825円(-15円)、パラジウム2,819円(-32円)、銀65.45円(-0.33円)、プラチナ4,173円(+40円)と、国内貴金属は週末のNY市場の値動きを映してプラチナを除いて軟調に推移。金は海外相場が6営業日ぶりにマイナスに転じた事から国内でも値を落とし2日続落。また、銀・パラジウムもそれぞれマイナスに転じ、銀は5営業日ぶり、パラジウムは3営業日ぶりに反落しました。一方、プラチナは堅調地合いとなったNY市場の値動きを映して、国内でも3連日上伸し上げ幅を拡大。月初来高値を上抜き、先月9日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値圏で現在推移しております。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

2015年10月17日週末16日 海外貴金属相場

【16日】ニューヨーク貴金属相場(中心限月終値)

金:1183.10ドル(-4.40ドル)

銀:1611.40セント(-5.00セント)

パラジウム:699.40ドル(-5.60ドル)

プラチナ:1023.70ドル(+16.70ドル)

本日は当社定休日の為、通常業務は行っておりません。お休み中に頂きました各お問い合わせは、週明け月曜日に順次ご対応させて頂きます。

この相場情報の詳細をみる(全文表示)

総数4568件 2291~2295件目を表示